DAZNでJリーグをテレビの大画面で視聴する方法まとめ

Jリーグを長年にわたって中継してきたスカパー!の中継が今季限りとなりました。

これはJリーグが超高額な放映権契約をイギリスの会社と交わしたことに起因します。

その会社がパフォーム社であり、パフォームが運営するオンデマンドチャンネルがDAZNです。

DAZNは月額2000円以下で楽しめるにも関わらず28種類以上のスポーツ中継を見ることができます。

いろいろ不満な点も残るかもしれません。

しかし。

決まってしまった以上はDAZNで快適にJリーグを楽しめる環境を準備しなければなりません。

今回は以前通りテレビの大画面でJリーグを楽しむために必要なDAZNの視聴方法をまとめます。

参考:スカパー!からの大切なお知らせ(スカパー!公式サイト)


DAZNの料金と支払い方法

視聴方法をまとめる前にDAZNの基本的な情報と月額料金、支払い方法についてご紹介します。

DAZNはイギリスに本社を置くパフォームグループが運営するスポーツ専門チャンネルです。

全世界でチャンネルを運営しており、満を持して日本でも放送を開始しました。

日本進出の目玉として目をつけたコンテンツがJリーグでした。

10年間で約2100億円とも言われる巨額の契約をJリーグを交わし、独占放送権を獲得しました。

DAZNの料金

DAZNは定額の月額料金制を採用しています。

気になる月額料金は1750円(税抜)です!

税込みでも2000円以下でJリーグを楽しむことができます。

スカパー!のJリーグパックは3000円前後でしたからより安い値段でJリーグを視聴できるようになります。

DAZNの支払い方法

DAZNはクレジットカード払いのみとなっています。

銀行振込やコンビニ決済はできません。

対応可能なクレジットカードは4ブランドあり、すべて日本でポピュラーなクレジットカードです。

クレジットカードが手元にない方はこの機会に作成しましょう。


DAZNをテレビの大画面で視聴する方法

DAZNはオンラインチャンネルです。

一般的にスマートフォンやパソコンの画面で楽しむことになります。

しかし。

スカパー!と同様にテレビの大画面でJリーグを楽しみたい方もいると思います。

わたしもその1人です。

安心してください。

自宅にあるテレビでDAZNを視聴する方法はあります。

その方法とはAmazon Fire TVを使う方法です。

Amazonで購入出来る「Amazon Fire TV」「Amazon Fire TV Stick」を使うことでDAZNをテレビで視聴することができます。

Amazon Fire TVの中にあるAmazonアプリストアからDAZNのアプリをダウンロードする必要があります。

Amazon Fire TVはインターネット回線が必要になります。

DAZNでは通常画質で5.0Mbps、HD画質で9.0Mbpsの通信速度が必要です。

自宅に光回線を引いている場合は問題ない水準です。

モバイルWiFiや格安SIMを利用する場合は通信速度に注意が必要です。

まとめ

今回はDAZNでJリーグをテレビの大画面で視聴する方法をご紹介しました。

ポイントはAmazon Fire TVです。

Amazon Fire TVを使うことでテレビの大画面を通してJリーグを以前通り楽しむことができます。

Jリーグが再開するのは2017年2月からですが、来る新しいシーズンに向けて準備を怠らないようにしましょう。

DAZNのJリーグ視聴方法についてはこちらのサイトにもまとめました。

スタジアムに近い駐車場を格安で予約するマル秘情報


スタジアムへ車で行きたい!

でも、スタジアムの駐車場は予約制だったり、シーズンシートオーナー限定だったりしますよね。

そんなあなたにオススメのサービスをご紹介します。

それが「駐車場シェアリングサービス」です。

駐車場シェアリングとは一般の駐車場を1日貸しすることを意味しています。

民泊のように1日から駐車場を借りることができるため、スタジアムに近い一般駐車場をあなた専用駐車場として使うことができます。

現在、3つのサービスが大手として運営されており、それぞれに登録されている駐車場が異なります。

週末のJリーグ観戦をどうしても車で行きたい場合は活用することをオススメします!

1.akippa(あきっぱ)公式サイトはこちら

2.タイムズ駐車場予約サービス>B-Times<

3.軒先パーキング

4.トメレタ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る